前へ
次へ

土地活用は大きく分けると4つ方法がある

貯金であれば必要な時におろして買い物や支払いに使うことが出きますが、土地は貯金とは違いあるだけではお金にはなりません。
何も土地活用をしないで持っているだけだと、プラスになるばかりか固定資産税ばかりがかかるので、土地があるだけだと資産としてはマイナスになります。
いい絵をたてて住むなどの予定が無いままでは、出費ばかりがかさむため、土地活用で収益を得るのが前向きなやり方です。
活用をするためにはいくつかの方法がありますが、土地を手放しでもいいならば売ることでお金を得ることができますし、もう土地の管理をする必要もありません。
この時代にせっかくの土地を打つのは勿体ないと考えるなら、人に貸すという選択をすることもできます。
他にも手段としては、自己活用や共有活用があるため、活用手段は大きく分けると4つです。
継続的に収入を得ていきたいのか、管理は面倒だから手放すことで、まとまったお金が欲しいのか、よく考えて選択をします。

Page Top