前へ
次へ

有効な土地活用を考えてみます

近年、空き家になっている建物が、社会現象になっています。
少子高齢化で、家の数と住まいする人の数の均衡が崩れています。
もちろん、すべての国民が、持ち家でありません。
多くの国民が賃貸物件に住まいしている以上、本質的には、需要と供給のバランスは取れていません。
ただ、多くの人が便利な場所に住まいを求める以上、需要のない地域の土地建物には、求める方が少なくなると言うのが、現実です。
そのバランスを、賃料の下落などで、安価に土地建物が借りられるなど問題はないはずです。
そこに、自治体の支援と言う形で、空き家を有効に活用する方法や、空いている土地活用に繋げれば、問題の解決の糸口になるかもしれません。
特に土地に関しては、新しい新築物件を建てて、販売する方法が有効的です。
ただ、土地を購入するとなると、更にハードルが高くなりますが、所有権と言う土地の啓太でなく、その土地も定期借地権と言う方法を使えば、長期に亘って有効的な土地活用に繋げて行ける方法を模索することによって、有効に使えると思えます。

Page Top