前へ
次へ

土地活用を4種類に分類する

土地活用は大別すると4種類に分けられます。
どんなものがあるのでしょうか。
まず売るという手段があります。
それから人に貸すという手段があります。
人が借りてくれないのであれば自分で使ってしまうという自己活用という手段があります。
それから地域のコミュニティーなどで共同で使う共同活用という手段があります。
いずれにしてもそれを実現するためには事前のフィジビリティースタディーが欠かせません。
インターネットがこれだけ発達してきている時代ですから、このフィジビリティースタディーは難なくできます。
様々な統計結果などがネットで参照できますから、すぐに決断を下すことができるでしょう。
ですが最終的にこの仕事を進めるのはやはりそれが専門の業者です。
信頼できる業者を選んでおくのも土地活用をするための大切な作業です。
高齢者などでアパートやマンションの経営に乗り出す人たちが増えてきています。
こちらのタイプは2番目の人に貸すという手段になります。
人に貸す場合には、それを借りてくれる人たちの調査が欠かせません。

Page Top